『ささみさん@がんばらないすろっと』【設定1】試打レポート

ども、がんばらない事に関しては定評のある男、ローです、こん○○は。

本日はDAXELさんにお邪魔致しまして、あのシャフト制作の人気アニメとのタイアップ機種
『ささみさん@がんばらないすろっと』の試打をさせて戴きましたー。

sasamisan-20140908-row01.jpg.JPG

スマッシュヒットとなった同社の『まじかるすいーとプリズム・ナナ』のシステムを発展的に継承したと言う本機。

早速試打していきましょー♪

通常時は周期抽選が鍵

本機の通常時は基本的に周期抽選がメイン。

最大で333Gの周期に到達すれば、前兆ステージの「お兄ちゃん監視しすてむ」か自力CZの「オカルトZONE」へ突入します。

sasamisan-20140908-row02.jpg.JPG
▲上部のメーターがゼロになれば周期抽選へ

またレア役を契機に次回周期までのG数が丸見えになる「NEXTチャンス」や、周期G数を大幅に減算する「あまZONE」といったチャンスゾーンも存在。

打つ前は・・・
あまZONEって何だろ??じぇじぇ○ぇ的な何かかな?」などと思っておりましたが、画面を見て納得。

sasamisan-20140908-row03.jpg.JPG

「宅急便で送られてくるダンボール的なアレの事だったんですねwww
(主人公のささみさんは通販好きです。)

毎GポコポコとG数が減算し、(周期に)あっと言う間に届くのです。あまZONEだけに。


・・・・って失礼致しました。


その他、文字通りがんばらなくても大丈夫自動遊技しすてむと言ったチャンスゾーンも搭載!

sasamisan-20140908-row04.jpg.JPG
▲キャラが勝ってにリールを回してG数を減らしてくれます

人気アニメの世界観を存分に活かした演出は、どれも一見の価値アリと言えるでしょう!

軽さが魅力の1G連!

本機の出玉システムは、1Gあたり純増約2.0枚擬似ボーナスの連チャンで出玉を増やすタイプ。

ボーナスは100G固定の(すーぱー)がんばる@ボーナスと、1セット小役8回で最大7セットまで継続するがんばる@ちゃんすが存在します。

さすがにここの名前だけは「がんばらない」では無く「がんばる」なんですねw

sasamisan-20140908-row05.jpg.JPG
▲赤7揃いでがんばる@ボーナス(中段or虹7ですーぱー)、BAR揃いでがんばる@ちゃんすです


前作の「プリズム・ナナ」同様、出玉の最大の肝とも言える1G連は本機も健在で、全てのボーナスでそのチャンスがあります!

sasamisan-20140908-row06.jpg.JPG

今回の実戦でも、初当たり5回中3回が1G連へと繋がっており、1回のボーナスで複数ストックも現実的。

ヒキ次第では見かけによらない瞬発力を見せますので、ここだけは出来ればがんばっちゃいましょう!


そして(すーぱー)がんばる@ぼーなす消化中にストーリーモードを選択すれば、アニメ全12話を濃縮収録したムービーを鑑賞可能。

sasamisan-20140908-row07.jpg
▲ムービーは選択可能!凝視し過ぎて目押しミスに注意

ダイジェストと侮るなかれ、総収録時間は80分OVER

阿澄佳奈斎藤千和花澤香菜といったファン垂涎の声優陣はもちろんそのままに、大画面フル液晶で展開されるムービーはかなりの再現度となっていますので、原作を知らない人でもすんなり世界観を楽しむことが出来そうです。

試打@もっとがんばりたかった・・・

さてさて、今回私が担当したのは設定1

実戦の方はと言えば、序盤こそ好調な初当りに1G連を絡めて出玉を伸ばしますが、中盤以降は完全に失速・・・。

sasamisan-20140908-row08.jpg.JPG
▲開始わずか9Gで直当たりを射止めますが・・・

500Gハマリに300Gハマリと、魅力のボーナスの軽さをお見せできないままにタイムアップを迎えてしまいました。

設定1とは言え、持ち前の試打でのヒキ弱を存分に発揮してしまった感は否めません・・・。
(´Д`;)

それでも設定差のありそうな部分をチェックしますと、設定6を打っていたティナ君とでは、特に周期までの到達スパンとCZ「オカルトZONE」への突入率に顕著な差が見られました。

(「オカルトZONE」突入はなんと0回!(+_+)アウ)

前作同様、ボーナスの入賞ボイスREGの継続セット数などにも設定差があるかも知れませんので、そのあたりも合わせてしっかりチェックしておきましょう!

sasamisan-20140908-row09.jpg.JPG

『ささみさん@がんばらないすろっと』の導入日は
9月22日(月)!

乞う、ご期待!


(了)


実戦詳細データはこちら


(C)日日日・小学館/製作委員会@がんばらない

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

DAXEL(ダクセル)の関連取材記事

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事