「パチスロ鉄拳3rd」特別先行展示会

大手パチスロメーカー山佐は、2014年5月21日にTKPガーデンシティ品川にて、新機種「パチスロ鉄拳3rd」の特別先行展示会を開催した。

会場には大勢のホール/プレス関係者が詰めかけた。

mizore0521-1.JPG
mizore0521-2.JPG


展示会ではまず、ステージ上に用意された特設ステージで圧巻のパフォーマンスが披露され、一気に来場者の注目を引き付けたところで、佐野範一同社本部長が主催者として挨拶を行い、「パチスロ鉄拳2nd」リリースから3年を経て、様々なギミックを搭載し、新筐体モデル第1号機として完成した本機種に絶対の自信を覗かせた。

mizore0521-3.JPG

豪華ゲストが華を添える「パチスロ鉄拳3rd」の本格的AT革命

人気ゲームコンテンツとして、既に一般にも広く認知され、パチスロとしてのゲーム性とも相性抜群であることは証明済みなだけに、本機種へは、ホール、打ち手の双方が大きな期待を寄せている。

先行展示会ではこの期待に応える最初の一歩として、2名のゲストによる衝撃的なセッションが展開された。

まるで鉄拳の世界からそのまま抜け出てきたような見事なコスプレ衣装で登場したのはユリコ・タイガー。

イタリア出身のコスプレイヤー兼タレントで、現地の人気番組では日本のゲームを中心とした文化を伝えるレポーターとしても精力的な活動を行っている。

mizore0521-5.JPG
mizore0521-7.JPG

そのルックスは会場の男性陣を骨抜きにするには十分過ぎるほどで、「パチスロ鉄拳3rd」の美麗な液晶画面にも一歩も引けを取らないレベル。

そしてもう1人のゲストは、ロック界の三島平八こと内田裕也。

mizore0521-9.JPG
mizore0521-10.JPG

破天荒な平八に対抗しうるのはロックンロール・キングこと内田裕也氏を置いて他にはいない。

檀上には2名の美女を引き連れて堂々と姿を現し、用意された専用の玉座から乗り出し、立ち上がるほどの勢いでMCとの重厚な掛け合いを披露した。

生まれ変わった鉄拳!新要素「TAGゲームシステム」!

ホールでは現在、AT機全盛の時代を迎えている。

既に各メーカーが趣向を凝らした珠玉のマシンを次々とリリースしているが、中でも「パチスロ鉄拳3rd」は注目すべきポイントは目白押しだ。

本機種を語る上で絶対に欠かせない特色は大別して2つ。

まず1つ目がG数によってシステムが一変する「TAGゲームシステム」である。

業界初の斬新な試みとなる本システムだが、ここでこの「TAG」の意味をご紹介したい。

通常時約500Gまでは前作までのファンにもお馴染みの前兆ステージである「鉄拳ZONE」

そして自力解除高確の「鉄拳CHANCE」、この2つでAT「鉄拳RUSH」を狙うこととなる。

さらに約501Gから777Gまではゲーム性が一気に苛烈なものに変化!

なんとここからは「鉄拳ZONE」も「鉄拳CHANCE」も消失し、その代わりに手に汗握る攻防が繰り広げられる、「デビルバトル」に発展することに。

mizore0521-12.JPG

「デビルバトル」中はエンジェルとデビルカズヤの対決となり、前作までと違いエンジェルが勝利すればOKとなる。

新キャラ、エンジェルが見事デビルカズヤを打ち倒せば、その時点で「神鉄拳RUSH」という特別なATの突入が確定!

mizore0521-13.JPG

それだけではない。

501Gからは、なんとリバースロックの発生確率が大幅に上昇し、フリーズ確率はおよそ20倍にも達するのだ。

従来のファンにも受け入れられやすく、しかも規定G数消化でこれまで誰も味わったことのない、フリーズ超高確状態という興奮を味わえるのが本機種の特筆すべきポイントだ。

このように2つの異なるゲーム性を堪能できるシステム、それこそが「TAGゲームシステム」の全貌なのだ。

ボーナスとRUSHの連打!鍵を握る拳が常識を覆す!

これまでの鉄拳シリーズをプレイしたことがあるユーザーにも新鮮な驚きをもたらすのが、生まれ変わった「鉄拳RUSH」だ。

今回の「鉄拳RUSH」は、純増約2.8枚の初回30拳(こぶし)からのスタートとなっている。

本機種においてはAT中のゲーム数が、本機種では「G」ではなく「拳」と銘打たれているが、具体的にこれまでの表記とどう異なっているのかと言えば、これこそが「パチスロ鉄拳3rd」の「TAGゲームシステム」と並ぶ新要素、その名も「拳コンボAT」だ。

つまり「鉄拳RUSH」突入後は、30拳以内にボーナスを確定させる必要があるのだが、「鉄拳RUSH」中はボーナス期待度は破格の1/12となっている!

少しのヒキがあれば瞬く間にボーナスが連荘することとなり、また当選したボーナスにも、拳に関連する重大な要素が集約されている。

本機種に搭載されているボーナス「鉄拳BONUS」は純増約2.8枚、20Gの疑似ボーナスで、実質ATとなっている。

もちろんこれもただの20Gのボーナスというわけではない。

「鉄拳BONUS」中は主にレア小役を引くことで、「拳コンボAT」の生命線となる拳自体を次々にストックするのだ!

mizore0521-16.JPG

ボーナス確定画面では青と赤、2つのボーナス絵柄どちらかが揃うこととなるが、このとき赤7揃いの場合、より多くの拳上乗せが期待できる。

mizore0521-17.JPG
mizore0521-18.JPG

試打中は赤7からの「鉄拳BONUS」中、レア小役以外にもベルでの拳乗せが頻繁に確認された。

20G間にレア小役を引くことができなくても、十分勝機が残されている!

早い段階で「鉄拳BONUS」に突入し、赤7を成立させてしまえば、AT序盤から余裕のある展開を楽しめるに違いない!

このようにして、従来の機種ではただただ消化対象でしかなかったG数も、本機種ではそれ自体が高確率でボーナスの呼び水として機能しており、掴み取ったボーナス中に呼び水そのものを補充するという、出玉のコンボを誘発する拳として生まれ変わったというわけである。

また、仮に「鉄拳BONUS」であまり拳を獲得出来なくとも、ボーナス終了時に大チャンスが訪れる可能性があるのだ。

それが「TAGバトル」である。

その名称の通り、「TAGバトル」中は2対2の大迫力タッグマッチが繰り広げられることとなる。

見事勝利すれば「鉄拳BONUS」が1G連となり、拳を消費することなくボーナス確定画面に移行する。

このようにどんどん拳をストックしてしまうという、従来のG数上乗せとは一線を画した新時代のATとボーナスの応酬は、全国のスロッターを虜にするだろう!

「TAGバトル」では対戦するキャラクターによって勝利期待度が変化する。

前作までと同様に、敵チームに木人がいれば……?

拳を大量獲得せよ!4種類の上乗せ特化ゾーン「拳魂一撃」

本機種のATを堪能する上で非常に重要な要素となる拳。

ボーナス中のレア小役での獲得がメインとなる拳だが、「パチスロ鉄拳3rd」には隠された拳大量獲得のための道が用意されている。

それこそが「拳魂一撃」という、4種類の異なるゲーム性に分かれた拳獲得特化ゾーンだ!

前作、前々作からすっかりおなじみとなった「頭突きコンボチャンス」は今回、50拳上乗せを50%の確率でループする仕様に大幅刷新されており、「鉄拳RUSH」開始時に突入の可能性がある。

毎G50%の抽選を突破し続ける限り、拳は必ず50以上乗り続ける!

「鉄拳RUSH」終了時に突入する可能性があるのが、新登場の特化ゾーン「UNKNOWN ZONE」だ。

「UNKNOWN ZONE」中は「鉄拳BONUS」成立まで毎G拳を上乗せし続けるというトンデモ仕様となっており、1/12の抽選に漏れれば漏れるほど拳もコインも増え続けることとなる!

AT終了時に突入するということは、恐らくこの特化ゾーンが文字通りの起死回生の一撃となる機会も多いはずだ。

次に、こちらも前作までのゲーム性を踏襲した「鉄拳ATTACK」についても触れておきたい。

「鉄拳ATTACK」は伝統の0G連のシステムをそのまま拳上乗せに適用させて復活しており、ループ率については今は不明ながら、ボーナス開始時に突入するため、「鉄拳BONUS」開始早々に大量の拳獲得チャンスが到来することになる!

「拳魂一撃」の4本の柱の中で、ボーナス終了時に突入の可能性がある特化ゾーンが「オーガチャレンジ」である。

一撃取材陣が先行展示会で試打した際には、この「オーガチャレンジ」を引き当てることに成功している。

mizore0521-21.JPG
mizore0521-22.JPG

「オーガチャレンジ」ではその名称の通り、特定のミッションを成功させることで拳の大量獲得が見込めるというシステムとなっている。

3G後にベルを引くというのはなかなか敷居が高いように思えるが、本機種は毎Gベルが高確率で成立しているため、実際の成功期待度は非常に高い。

また、これ以外にもチャレンジ成功濃厚のミッションもあるはずなので、突入時は大いに期待したいところだ!

当然、前作でも解除期待度の高かった「CLIMAX BATTLE」演出も用意されており、レア小役直後に突入している様子が確認できた。

今回この演出で対戦するのは、強敵アザゼル。

mizore0521-23.JPG
mizore0521-24.JPG

シリーズのファンには連打演出ですっかり認知されたアザゼルと数G間の繰り広げられる白熱のバトルの行く末、是非ともその目で見届けていただきたい!

そこは天使の領域…神鉄拳RUSHは83.6%の高ループ!

先ほど「TAGゲームシステム」の項目で触れた「デビルバトル」やフリーズを経て降臨する「神鉄拳RUSH」。

これまで紹介した「鉄拳RUSH」だけでも十分な爆裂要素が秘められていたが、「神鉄拳RUSH」はさらに強烈な性能となっている。

そう、通常の「鉄拳RUSH」と「鉄拳BONUS」が「拳コンボAT」と称されるように、こちらは「神速の拳コンボAT」と銘打たれているのだ。

「神鉄拳RUSH」は純増こそ通常の「鉄拳RUSH」と変わらないまでも、ボーナスまでの道のりがさらに広がり、なんと83.6%という高い確率でボーナスとのループが待ち受けているのだ。

この一連のコンボで放出されるボーナスが「神鉄拳BONUS」である。

mizore0521-27.JPG
mizore0521-28.JPG

なんと20G間にレア役を引けば100%拳上乗せ確定となり、一度の上乗せで20、30もの拳が放出されることも多いことから、1つのボーナスで50以上の拳をストックすることも夢ではなくなっている!

「神速の拳コンボAT」こそ、まさにその名に恥じぬ最強のATシステムなのだ!!

mizore0521-30.JPG

「神速の拳コンボAT」中は、このように愛らしい天使も登場して打ち手の心を癒してくれるのだが、山佐の機種で愛らしいと言えば、当然真っ先に頭に思い浮かぶのはあのキャラクター。

今回も彼の図柄が登場すると激アツとなっているぞ!

ホール導入は7月7日予定!山佐が送る最強ATマシンに刮目せよ!

「パチスロ鉄拳3rd」のリリースに際しての山佐開発陣の気合いの入り方は尋常ではなく、それは特別先行展示会の盛り上がり方を見ても明らかであった。

この背景には、全国のパチスロファンとホールへの大々的なプロモーションがあることはもちろんのこと、鉄拳というコンテンツそのものが20周年のアニバーサリーイヤーを迎えることも大きく関係している。

つまり今年2014年は鉄拳がかつてないレベルで盛り上がるべき年なのである。

期待の新機種「パチスロ鉄拳3rd」2014年7月7日(月)に全国一斉稼働予定だ。

乗るしかない、このビッグウェーブに。


(C)BANDAI NAMCO games Inc.(C)YAMASA

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

YAMASA(山佐)の関連取材記事

発表会・メーカー取材レポートの最近の取材記事

シリーズ初、出玉が増える暴走モード!「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」記者発表会 2019.11.07(木) 
シリーズ初、出玉が増える暴走モード!「新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生~」記者発表会
メーカー名:Bisty(ビスティ)
“999”で当れば、期待出玉約7200個!?「P銀河鉄道999 PREMIUM」プレス説明会 2020.02.06(木) 
“999”で当れば、期待出玉約7200個!?「P銀河鉄道999 PREMIUM」プレス説明会
メーカー名:HEIWA(平和)
高橋洋子が熱唱! パチスロ『エヴァンゲリオン フェスティバル』ファンイベント 2020.01.26(日) 
高橋洋子が熱唱! パチスロ『エヴァンゲリオン フェスティバル』ファンイベント
メーカー名:Bisty(ビスティ)
遂に発表!6号機「アイムジャグラーEX」新機種発表会 2020.01.07(火) 
遂に発表!6号機「アイムジャグラーEX」新機種発表会
メーカー名:KITA DENSHI(北電子)
“赤”で当れば、あと2回!「P真・黄門ちゃま」プレス説明会 2020.01.16(木) 
“赤”で当れば、あと2回!「P真・黄門ちゃま」プレス説明会
メーカー名:HEIWA(平和)
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会 2019.11.20(水) 
終わりが見えない転落スペック「Pフィーバー バイオハザード リベレーションズ2」プレス発表会
メーカー名:SANKYO(三共)
「Sリング~恐襲ノ連鎖~」超最速先行試打レポート 2019.11.14(木) 
「Sリング~恐襲ノ連鎖~」超最速先行試打レポート
メーカー名:JFJ(ジェイエフジェイ)
“絆”の遺伝子を完全継承!「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2」記者発表会 2019.12.20(金) 
“絆”の遺伝子を完全継承!「SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2」記者発表会
メーカー名:MIZUHO(ミズホ)
絶対安心の確変“絶確”を搭載!「P地獄少女 四」超最速試打レポート 2019.12.15(日) 
絶対安心の確変“絶確”を搭載!「P地獄少女 四」超最速試打レポート
メーカー名:JFJ(ジェイエフジェイ)
ゾロ目にアツくなれ!「ビッグシオ-30」プレス発表会 2020.02.12(水) 
ゾロ目にアツくなれ!「ビッグシオ-30」プレス発表会
メーカー名:PIONEER(パイオニア)