取材日:5/4 双龍 in アムズツインパーク マックス館





ホールに潜む弐頭の龍の存在を探る「双龍」。

▼壱頭目の龍の存在を辿れ▼

双龍-奇跡のコラボ取材がついに実現-

弐頭目の龍は...


5/4(木)、茨城県稲敷郡にある「アムズツインパーク マックス館」さんにて「双龍」が行われました。
同店での「双龍」は今回で3回目の開催となります。
早速、店内に潜む「龍」の存在を探っていきましょう!



県下最大級の設置を誇る『ファンキージャグラー』を中心に賑わいをみせています。



『ハナハナホウオウ-30』でも2,000枚超えをはじめ
1,000枚以上の出玉をよく目にし、盛況さが伝わってきます。



そして「龍」を感じたのは根強い人気のある『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』です。
ハマリが少なくきれいな上がり調子のグラフを描いている台が多い印象です。



バジリスクタイムの突入率も良さそうで非常に期待が持てます。
腰を据えて遊技されているお客様が多いのも納得です。

日頃から大切に扱っているからこその人気機種なのでしょうね!




【一撃 ピックアップ機種】
・バジリスク~甲賀忍法帖~絆

本日ピックアップ機種の『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』
詳しくは以下のページにて掲載!
設定判別/立ち回りポイント:バジリスク~甲賀忍法帖~絆


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート