取材日:12/23 双龍 in DRAGON倉賀野




双龍-奇跡のコラボ取材がついに実現-

ホールに潜む弐頭の龍の存在を探る「双龍」。

▼壱頭目の龍の存在を辿れ▼


弐頭目の龍は...


12/23(金)、群馬県高崎市にある「DRAGON倉賀野」さんにて「双龍」が行われました。
今回、初めての取材となる同店での「双龍」。
ホール状況も踏まえながら「龍」の存在を確認していきたいと思います!



「DRAGON倉賀野」さんはパチンコ456台、パチスロ204台で総設置台数が660台の店舗となります。
店内に入り、目を引くのが中央通路に置かれている別積み。
パチンココーナーも相当盛り上がっていますね~。



パチスロコーナーもご覧の通りの盛況ぶり。
機種に関係なく、活気のある店内となっていました!



その中で「龍」の存在が感じられたのは『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』
12台が設置されていますが、多くの台がプラス領域を推移していて、全ての台にチャンスがありそうでした!



なんと、6,000枚をオーバーしている台も確認。
『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』でここまで出ている台もかなり珍しいですよね!
打っているお客さんに話しかけたところ、「これヤバいやつです」と一言。。
これは次回も期待出来るんじゃないでしょうか!?

まだまだ解析が不十分である『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』
今のところ、設定判別ポイントは以下のようになっています。

➀ボーナス/ART合算出現率
②周期到達時のCZ「争忍チャレンジ」当選率
③小役確率
④追想の刻継続G数
⑤通常時の高確移行率

詳しくは下記ページより確認してください!

【一撃 ピックアップ機種】
・SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ

本日ピックアップ機種の『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ』
詳しくは以下のページにて掲載!
設定判別/立ち回りポイント:SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~Ⅲ


(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート