11/11 双龍 in P.E.KING OF KINGS 大阪本店




ホールに潜む弐頭の龍の存在を探る「双龍」。

▼壱頭目の龍の存在を辿れ▼

双龍-奇跡のコラボ取材がついに実現-

弐頭目の龍は...


11/11(金)、大阪市旭区にある「P.E.KING OF KINGS 大阪本店」さんにて「双龍」が行われました。
同店では初の取材となる「双龍」。
店内の状況を確認しつつ、ホールに潜む「龍」を探していきたいと思います!



「P.E.KING OF KINGS 大阪本店」さんはパチンコ640台、パチスロ420台で総設置台数は1,000台越えの1060台という店舗となります。
店内に入ると、まず驚かせられたのはパチンココーナーの別積みRUSH!
一瞬オブジェかと思ってしまいましたが、これは別積みです。
当然ながら店内は大盛況でした!



パチスロコーナーも活気があり、出玉も文句なし!
『スーパービンゴネオ』からは万枚近い台を確認。
まだ取材時間は16時。万枚は当然行くと思いますが、果たしてどこまで伸びるんでしょうか。



そして今回「龍」と予想させて頂いたのはこちらの『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』
設置台数は36台!



多くの台がプラス領域を推移しており、このような出玉グラフを描いている台はザラにあります。
「龍」の存在を強く感じさせます!
36台という設置台数は多く感じますが、全ての台にチャンスを予感させた「P.E.KING OF KINGS 大阪本店」さんの「双龍」。
今後、注目していきたいと思います!

『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』
の設定判別要素としてART終了画面がありますね。
詳しくは下記のページでチェックしてみてください!

【一撃 ピックアップ機種】
・パチスロ北斗の拳 修羅の国篇
今回、ピックアップ機種として挙げた『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』
一撃ならではの設定判別情報は以下のページでチェック。
設定判別/立ち回りポイント:パチスロ北斗の拳 修羅の国篇


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,
(C)NSP 2007 版権許諾証YSC-506
(C)Sammy

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート