10/15 双龍 in VEAM見附店




ホールに潜む弐頭の龍の存在を探る「双龍」。

▼壱頭目の龍の存在を辿れ▼

双龍-奇跡のコラボ取材がついに実現-

弐頭目の龍は...


10/15(土)、新潟県見附市にある「VEAM見附店」さんにて「双龍」が行われました。
同店での「双龍」はこれで4回目となりますね。
「ハナハナ」が強いイメージがありますが、今回はどこに「龍」が潜んでいるのでしょうか!?



今回、非常に活気があったのは新台『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』
もちろん、いつものように「ハナハナ」も強かったんですがね。



取材中はほぼ満台の稼働となっていました。
ARTの初当たりはやはりどの台も軽め。あとはどの台もARTの伸び次第といったところでした。



安定した出玉を確保出来ている台が多く、「龍」の存在を感じるコーナーとなっていました。



取材中に出玉も伸び始め、床にドル箱が置かれる台も出てきました。
やはり、本日の「龍」は『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』で間違いなさそうですね。
この後の出玉が非常に気になる取材となりました。

『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』の設定判別要素としてART終了画面がありますね。
詳しくは下記のページでチェックしてみてください!

【一撃 ピックアップ機種】
・パチスロ北斗の拳 修羅の国篇
今回、ピックアップ機種として挙げた『パチスロ北斗の拳 修羅の国篇』
一撃ならではの設定判別情報は以下のページでチェック。
設定判別/立ち回りポイント:パチスロ北斗の拳 修羅の国篇


(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,
(C)NSP 2007 版権許諾証YSC-506
(C)Sammy

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート