外国人観光客は何を打つ?【ミナト#12】

週末の夜、いかがお過ごしでしょうか。金曜日担当のミナトです。

近年、訪日外国人は強烈な右肩上がりで増加しています。今日は外国人とパチスロの話。

あれは今から8年程前…
おそらく米国人と見られる方々がパチンコ店にやってきました。皆、首からカメラを掛けていたのでほぼ観光客で間違いないでしょう。
店内をぐるっと一周し、パチンコ店という日本独特の文化を観察。

その後、記念にどれか打っていこう! そんな雰囲気となり、各々台を選び始めました。

観光客は何に座るんやろか? パチスロファンとしてこれは非常に興味深い。

やはり、ジャグラーか!? 

アメリカ色全開のパネルデザイン、座るならこれやろ! 
と、たかをくくり動向を伺っていましたが…

1人目→政宗
ん!?


2人目→天下布武2
あぁ!?


3人目→戦国BASARA2
そのパターンかぁー!

当初の予想は外れたけど、もの凄く納得できる機種選び。

日本のスロットマシンの複雑なゲーム性に随所で「?」マークを浮かべておりましたが、日本を訪仏させるキャラが登場すると「OH、ジャパニーズサムライ!※多分そんなことを言っていたのだろうと盛り上がっていました。

もし…侍と忍者が手を組んで、富士山の麓で力士軍団と寿司&天ぷらの大食い対決をするようなパチスロ台があったら、観光客にバカうけするかもしれへんな。
メーカーさん、いかがでしょうか? ヒットした際は、解説の仕事をお待ちしております。

ということで、今回は外国人観光客とパチスロの話でした。
ほな、また来週。

※当ブログにおける数値・所感などはあくまで個人の見解であり、所属する組織の公式見解ではありません。
また情報の信憑性・正確性を保証するものではありません。

の過去の取材レポート

要チェックレポート