第7回 バラエティー版設定判別出玉バトル in KINBASHA新宿三丁目店

ゴールデンウィークですね!

みなさんこんにちは。

ゴールデンウィークの入口が見えてきた4/26(日)にKINBASHA新宿三丁目店さんにて
バラエティー版設定判別出玉バトル
が行われました!


正直な話、ぼくら一撃陣のほとんどの人がゴールデンウィークというモノに縁がないのか、誰一人、旅行や遊びに行くなどの浮いた話をしないんですよね。

(きっとみんな、いつものようにパチ屋へ行って暇をつぶすんだろうな。)

そう思うとなんだか涙が出てきますね。

かくいう僕も、ゴールデンウィークは"5月5日にパチ屋へ行くこと"くらいしか予定が埋まっていませんが...。


ということで、今回レポーター兼実戦人を務めさせていただきます。

ティナです。

実戦人と機種紹介

はい。

このままゴールデンウィークとかいうヤツの話をしていても誰も得しませんし次、行きましょうか。


まずは本日の実戦人と担当機種の紹介ですね。

はい、どうぞ。

実戦ライター

担当機種
魂斗羅3D

担当機種
ブラックラグーン2

担当機種
北斗の拳-世紀末救世主伝説-

※ティナです
担当機種
麻雀物語3 役満乱舞の究極大戦


こんな感じです。

ブラクラ2や麻雀物語3のような新台から、懐かしの機種がありますね。

他の三人は、あまり打ち込んでいない機種みたいなので設定判別的には少々不安が残りますがまぁいいでしょう。

メインは出玉バトルの方ですからね。

とりあえず出せばいいんだよ、出せば。

ということで前半戦。

意外なことに、しゅう君が朝から目立っていました。



開始2Gで中段チェリー(1/2500くらい)を引いたり、共通下段リプからヘヴンズラッシュに入れてほんのちょっぴりヘヴンしたり。

ARTにも頻繁に入っているようで、なんだかすっごい楽しそう。

あとはバレットを溜めて300Gくらい上乗せすれば閉店コースだね。

頑張って、応援してる。


他の三人は、まだエンジンがかからないようで、特に見せ場はなし。

それよりも、実戦機種が設置されているバラエティーコーナーの他の台がとっても元気ですね。

あまりの出玉に思わずツイートしたのですが、戦国乙女が新・旧並んで出てたり、なんだかすごいですねー。


しゅう君や他の機種に負けないように、後半は僕ら三人も頑張らないとですね。

後半戦


ウマツの後半戦


16384などを引いたが、出玉は増えず。
依然、下皿プレイ。



しゅうの後半戦

気付いた頃には追加投資。
なんかもう死んだ目してました。

あ、そうだ。
社長、こいつラインで「早く帰りたい」って送ってきましたよ。
あとで証拠写真送りますね。



スイカ男の後半戦

今日一番頑張ってた人。

後乗せ(七星チャンス)で300G乗せたときの顔は今も忘れません。

北斗 七星チャンス +300

写真を撮るときは、いっつもキメッキメなポーズと顔なのに、この時だけは素のスイカ男になってたね。



ティナの後半戦


さよなら。

結果

ライター
(担当機種)
差枚数 予想
設定
ウマツ
(魂斗羅)
-1492枚 4or6
しゅう
(ブラクラ2)
-1533枚 3
スイカ男
(北斗救世主)
+1912枚 6
ティナ
(麻雀物語3)
-414枚 5


最後は300G上乗せや黄7揃いで大量上乗せを獲得したスイカ男の逃げ切り勝利となりました!

やるじゃない!


朝から調子の良かったしゅう君と、中段チェリーを2回引いたウマツさんはその後の展開に恵まれず酷い結果に...。


まぁ、そのへんの詳しい挙動や設定予想、言い訳などは各人の実戦レポートを見てください。

三人ともお疲れ様!


ウマツ(魂斗羅3D)
★実戦データ
★実戦レポート





しゅう(ブラックラグーン2)
★実戦データ
★実戦レポート





スイカ男(北斗の拳-世紀末救世主伝説-)
★実戦データ
★実戦レポート



ティナ(麻雀物語3 役満乱舞の究極大戦)
★実戦データ
★実戦レポート


Special thanks

今回もお世話になったホールはコチラ!

KINBASHA新宿三丁目店
「新宿三丁目駅」E4出口から徒歩10秒
「新宿駅」からでも徒歩5分くらいで行けますよ

真田純勇士すぺしゃるを設置している、数少ないティナ君好みのお店です。
めっちゃ好みなんで今度純すぺうちたいです。


当日はバラエティー版設定判別出玉バトルということで、とにかくバラエティコーナーが盛り上がっていましたよ!

特に出ていた台は、化物語戦国コレクション2戦国乙女(新・旧)あたりですかね。
あれ、全部萌えスr

プライベートでそこらへん打ちたかったなー。

(C)Konami Digital Entertainment
(C)KPE

(C)2006,2010 広江礼威・小学館/BLACK LAGOON製作委員会

(C)武論尊・原哲夫/NSP1983
(C)NSP 2007 版権許諾証YRI-125
(C)Sammy

(C)OLYMPIA

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート