第5回 旧イベ調査隊下見 in 有楽町UNO

パチンコ、パチスロユーザーのみなさん、こんにちは!
旧イベ調査隊 のタケルです。
さて、もはや恒例となりつつある旧イベ調査隊。

引き続きUNOへ行くこととなりますが、今回は前回調査した新橋UNOのお隣、『有楽町UNO』へ調査に行ことになりました。(僕が勝手に決めただけですが・・・)
下見はもちろん『1』の付く日ということで、6月1日(月)に行ってきました。
その際の状況を早速レポートしていきたいと思います!


▲こちらが『有楽町UNO』の店頭ですね。
今回も仕事帰りに行ったので少々暗くて見づらいですが、暗がりの中に『1』の文字が浮かび上がっています。

JR有楽町駅を出て3分ぐらいのところにありますが、近くには系列店でもある『有楽町DUO』もありました。
どちらの店も仕事帰りのサラリーマンがお店に吸い込まれていきます。
そして僕もこの流れに乗って入店!

6/1(月)『有楽町UNO』下見の様子

店内は1階がパチンコ、地下がパチンコ&スロットという感じです。
入ってすぐに「おおっ!」と思ったのが、新台の『CR吉宗3 越後屋らんどOPENの巻』


▲新台だけあって、大人気!
出玉も安定している感じです。吉宗は一度ニョキっと出てくるあのガラスを押してみたいので興味があったんですが、夜からだとさすがに台を確保するのは難しそうです。

この他に、1階では『CR牙狼金色になれXX』34台、『CR真・花の慶次L3‐K』18台、『CRヱヴァンゲリヲン9』18台といった機種が主力機種のようでした。

続いて地下のパチスロコーナーへ向かいます。


▲『押忍!サラリーマン番長』もまだまだ元気がありました!


▲『ミリオンゴッド‐神々の凱旋‐』14台と『アナザーゴッドハーデス‐奪われたZEUSver.‐』12台が一緒になっている『ゴッド島』。床はゴッドだらけです(笑)

他にも・・・

調査して気づいたことは、『有楽町UNO』はこれまで調査した店舗にはない変わった取り組みをされていました。
例えば、入口付近には氷でアートをされていたり、可愛いポップを作成されたり、広々とした休憩スペースがあったり、女性のお客様に向けたサービスをしたりとユーザーを楽しませるサービスが満載でした。

▲氷のアート


▲手作りPOP


▲ゆったり休憩スペース


▲女性には嬉しいアメニティ
とまぁこんな感じのお店を一撃ライターと一緒に調査したいと思います。
気になる調査日は・・・

6月11日(木)!

この日、一撃ライター(マザコンチキ男)を連れていざ『有楽町UNO』へ!



(C)Daito

(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2010-2011 雨宮慶太/東北新社 (C)2013「絶狼」雨宮慶太/東北新社

(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990, 版権許諾証YOS-207 (C)newgin

(C)カラー(C)Bisty

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート