第201回 ガチノリinやすだ稲毛駅前店

みなさんこんにちは。

一撃編集部のティナです。

今回は1月17日にやすだ稲毛駅前店さんにガチノリで突撃してきましたので、その時の模様をお届けします。

このホールさんは2回目の突撃となりますね。

1回目は去年の12月。

まだまだぼくらもホールの状況をしっかり把握しきれていませんが、前回はマザコンさんがバジリスク~甲賀忍法帖~絆で"頂"確定の演出を出しましたね。

今回もガッツリ高設定を掴んでガッツリ勝ちたいですね。


そんな大事な戦に赴く二人はコチラ。



前回このお店でミラクルを魅せた
マザコンチキ男と、

ガット石神に代わり、メガネ繋がり(?)で
しゅう

です。

さあ、いってみましょう。

朝の並びから。

稲毛駅前店さんは朝は並びでの入場。

二人は30分ほど前に到着。
前には20人ほど先客がいました。



っていうか、めちゃくちゃ並んでますね。

二人ともバジリスク絆を狙っていたつもりだったようですが、取ることができず、



前回2番目にチカラを入れてそうだったパチスロ北斗の拳 強敵を並びで打つことにしたようです。

北斗強敵は、ちょうどバジリスク絆の後ろに設置されています。

おそらくこの1ボックスのシマがメイン機種が置かれているんでしょうね。

他にも押忍!サラリーマン番長もこのシマにありましたが、こちらも朝から埋まっていましたよ。


さて、二人の実戦風景を見てみましょう。



展開は実に対象的。

マザコンさんは軽い初当りを重ねて、昼過ぎには1000枚クラスの塊も出たようで絶好調!

しゅうくんは、2発目の当りが1488G。

結局この台を夕方まで打っていたのですが、しゅうくんは最後まで見せ場ゼロで終わりましたとさ。

最後まで

調子のよかったマザコンさんは、ホントに調子がよかったです。

スペシャルエピソードとか北斗乱舞とか目立つものは一切なかったですが、



鬼ヒキのAT継続+鬼ヒキの3桁枚数上乗せでしっかり出玉を増やしてます。

実戦終盤では乱舞揃いのチャンスがありましたが、



お約束のハズレ。

のーめんさんが「青カットインの方が揃う」
とか言ってましたけど、確定カットインしか揃わないとぼくは思うんですよ。

まぁ、僕自身カットインすら見たことないんですけどね。


対するしゅうくんは、50本くらい投資した後にパチンココーナーを見てくると言って姿を消しました。

果たしてマザコンさんの北斗強敵で、しゅうくんの負債を捲れるのか!?

結果はこの下です。

結果

■マザコンチキ男

機種 投資
回収
パチスロ北斗の拳
強敵
18000円
1814枚


■しゅう

機種 投資
回収
パチスロ北斗の拳
強敵
60000円
0枚
CRA
デビルマン倶楽部
7000円
1661玉


■合計

項目 収支
マザコンチキ男 +18,200円
しゅう -60,400円
今回合計 -42,200円
ガチノリ累計 +2,012,700円


はい。
無理でした。

3箱目に手が届くくらい調子が良かったマザコンさんも、最後の最後で天井手前の大ハマリをくらって出玉の半分をのましちゃいました。



こんなくだらない写真を撮っていた頃が懐かしいですね...。


負けてしまった一撃陣とは裏腹にお店はなかなかのお祭り状態でしたよ。



バジリスク絆コーナーは、1/2くらいが箱積み状態。

1台尋常じゃないほど出てる台がありました。

打ってる人もなかなか変わらなかったのを見ると、恐らく設定的な手ごたえがあったんでしょうね。



その裏にある北斗強敵もいい感じで、この通路は昼過ぎには別積みが多すぎて通りづらくなってました。

結論から言うと、やすだ稲毛駅前店はバジリスク絆と北斗 強敵がめちゃ強いってことですかね。


しゅう


マザコンチキ男







(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,
(C)NSP 2007 版権許諾証YFC-128
(C)Sammy

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート