第195回 ガチノリinやすだ東池袋9号店

最近「編集部」と打ちこもうとすると高確率で「変種部」になります、のーめんです。

どうですかみなさま、2016年を生きている実感はわいてきましたでしょうか。

私の時間は2012年で止まっている、つもりが歳は何故か取っていますよ。


さて今回は1月7日(木)のガチノリでやすだ東池袋9号店さんに突撃したお話です。

ガチノるメンバーはマザコンチキ男・しゅうの2人ですよ。



よろしくお願いします。

実戦開始


まずまずの入場番号だった2人。

特にしゅうくんは一桁をゲットしていました。

マザコンさんはバジリスク~甲賀忍法帖~絆、しゅうくんはパチスロ北斗の拳 転生の章へ。




じわりじわりと設置台数を増やしてきた絆と、定評のある北斗シリーズを各々狙いに行った、ということですね。

これは期待。

マザコンチキ男編


さて、絆を確保したマザコンさんですが、周りが良挙動、あるいはレアフラグを引く中で波に乗れない様子。

特に見せ場もなく、状況を考えてすっぱりとヤメの選択です。

次なる台は沖ドキ!ということで着席したマザコンさん。



設定狙いで座ったこれに手ごたえを感じられずヤメ、負債は膨らむ一方。

そして本日3台目も沖ドキ。

モードB狙いだったようで、一応天国に上がってはくれたようにも見えたのですが......伸ばせませんでした。
ここで投資は驚きの48k。

時刻はまだ15時にもならないような時間で、これは終わったなと思いました



16時台のことだったと思いますが、マザコンさんが発見したのはアイムジャグラーEX。



初代のほうですね、まだ現役で活躍してるんですね。

合算が良いので打つぞ、起死回生!!

ということでしたが、なんということでしょうか。

投資1k、そこからあれよあれよと出玉を伸ばしていくではありませんか。

結構遅くまで粘ったマザチキさんでしたが、総投資49kをジャグラーで捲ることが、うん、できました。ひっぱってもアレですからね、さっさとお伝えしておきます。



しゅう編


北斗転生を確保したしゅうくんは、いきなり弱チェリーからの天破の刻を確認しつつ、投資はじわりじわりとふくらみ、4人目のの諭吉さんがサンドへ投入されました。

ただ、モードの選ばれ方等、良い要素があるとのことでめげずにくらいついていました。



なにがキッカケ、ということはなかったのです。

勝舞魂が20個になっていたり、30個になっていたり、という場面をちょこちょこ見かけました。

気が付けば別積みです。

頭にもガッツリ。



いつの間にか投資分を捲り、右肩上がりで出玉・初当り回数を伸ばしていくしゅうくんの転生。

残りあべしが999になっているところから、256以内の初当りを連発させるなどしてさらにグラフは伸びていきます。

ぶん回しモードに入ったしゅうくん。

箱数にして実に5箱です。ガッツリ入ってます。



結果報告

■マザコンチキ男

機種 投資
回収
バジリスク
~甲賀忍法帖~絆
18000円
0枚
沖ドキ!
(1台目)
12000円
0枚
沖ドキ!
(2台目)
18000円
0枚
アイムジャグラーEX 1000円
3222枚

■しゅう

機種 投資
回収
パチスロ北斗の拳
転生の章
35000円
8361枚

■最終結果

項目 収支
マザコンチキ男 +8,500円
しゅう +114,000円
今回計 +122,500円
ガチノリ累計 +2,107,000円



久しぶりに実戦人が2人とも勝った、気がします。

これは大変なことですよ......よかったなあ。

粘ってよかったねしゅうくん、あの高稼働の中よく拾いましたねマザコンさん。

ということで、KAI★SYOU!!(*・∀・)イエア

あ、そういえば、マザコンさんが座っていた絆、あの後座った方が8500枚とか出してましたね^^

それいけ(/*・∀・)/のーめんさんチェック★


さてはーじまりましたそれいけ(/*・∀・)/のーめんさんチェック★ですよ。

朝イチ一番の人気だったバジ絆ですが、こちらの出玉感はご覧のとおりです。




朝から夜まで粘っている人もいましたし、正解ドコロの一つかと思います。

続いて北斗シリーズ。



出玉感としては転生の方が強めに見えましたが、強敵も強そうな台がありましたよ。



他は秘宝伝~伝説への道~等も、なかなか出てるように見えました。

地下のジャグラーシリーズはいつも通り、高設定と思しき台が間違いなくありそうな雰囲気でしたよ。



今回はこの辺で(/*・∀・)/



★実戦人
■マザコンチキ男(ちっちゃいおじさん)



■しゅう(背が高くリアクションの薄い眼鏡)






文:編集部・のーめん






(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,
(C)NSP 2007 版権許諾証YGL-126
(C)Sammy

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,
(C)NSP 2007 版権許諾証YFC-128
(C)Sammy

(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)KITA DENSHI


この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート