番長&番長! ガチノリinやすだ大和店(第522回)

みなさんこんにちは。

6月27日は、神奈川県にある「やすだ大和店」にてガチノリに行ってきました。

今回の実戦人はこちら。



ティナスイカ男。

ここで意外と知らない人もいるかな、と思う一撃豆知識を一つ。

実はこの右側の小錦、
"スイカ男"と書いて"すいかまん"と読むらしいです。


...はい。

どうでもいいので実戦にいきましょう。

朝の二人

ティナが最初に選んだ機種は「押忍!番長3」

あまり打つイメージが無いと思いますですが、実は導入当初はこの機種ばかり打っていたみたいです。

常連さんとのお話で、番長3は日ごとに強いパネルが変わると聞き、対決パネルに着席。

理由は対決パネルでまだ打ったことがないからだそうです。

せっかくなら前日の履歴とか見ればいいのに...。



実は去年のガチノリで万枚を出したりと、自身との相性も良好みたいです。

やすだ大和店さん自体、押忍!番長3の設定状況も良さそうなので期待したいところです。


対するスイカ男は番長は番長でも「押忍!番長A」に着席。



最近のお店の傾向として"ノーマル機もかなり強い"みたいで、敢えてこちらを選んだとのこと。

実戦開始早々からリーチ目が出現するなり呼び出し...アツそうな演出がくるなり呼び出し...、

写真の顔からわかる通りこの男ホントにうるさいんです(笑)

「ノーマル機だしもういいよ!」

と思った矢先に隣の台から操と牡丹のRT終了画面が出現したとの報告がありました。


さらに、その台が2時間後に空くという、まさに棚から牡丹餅状態。


実戦開始早々からよかったねぇ、と思っていたのですが自分台が偶数設定挙動だということで何故か6を確信しながら移動せずに続行。

「いや、それ2なんじゃ...」

と不安になりますが、ここはスイカ男を信じてみるとしましょう。

そのあとの二人

それからスイカから一切の連絡が来ず、
心配して見に行ったらちょうどボーナスが当りました。



おー、綺麗な2リール確定目だねぇ。

ところでいくら勝ってるの?


「まだ追加投資してます!!!!!」


ほらやっぱり移動した方がよかったじゃねぇか!



スイカがだめだしティナの方を見に行ってみますか。




あ、だめだ。

この人もピースはしてるけど死んだ魚の目をしてますねっていうか番長3をやめて「パチスロ エウレカセブンAO」に移動しちゃってますね。

なんとかARTに突入はしてはいますが、この時点で2000枚以上のマイナスです。


朝はどちらも、

"なんかやれそう感"

を出していましたがどちらもノーマネーでフィニッシュです。

実戦結果

■スイカ男

機種 投資
回収
押忍!番長A 投資800枚
回収325枚

■ティナ

機種 投資
回収
押忍!番長3 投資2000枚
回収0枚
パチスロ
エウレカセブンAO
投資100枚
回収1480枚

■最終結果

項目 収支
スイカ男 -475枚
ティナ -620枚
今回計 -1,095枚
5thシーズン計 +10,700枚
 ガチノリ累計 +117,530枚


ティナが最後に1000枚近く出したようですが、結果は変わらず負けです。

序盤の番長3を早めに見切るか、スイカ男が素直に隣の台に移動してればおそらく勝てたでしょうね...。

目の前にある価値を拾わずしてなにがガチノリなのかと。

帰りの電車でしっかり説教してやろうと思います。

店内状況

お店の状況は相変わらずイイ感じ。

台数の多い「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」の安定感はすごかったです。



この機種は角台というよりは真ん中の機種が出ているイメージでした。

もちろんフリーズや真瞳術チャンスを契機に出ている台もありますが、箱を積んでいる人は朝から変わっていなかったのを見ると、なにか続ける根拠があったのでしょうね。


次に強かったのは「押忍!サラリーマン番長」。



というよりは、プラスの差枚数の比率で言えばこの日一番強かった機種はこいつですね。

3台すべてがプラス且つ、別積み2台となっています。

設置の少ない機種が強いイメージはありませんでしたが、今日は一味違ったんでしょうかね。


そしてお馴染み「沖ドキ!」もガッツリ出てました。



沖ドキ!のほかには、ミリオンゴッド-神々の凱旋-なんかもそうでしたが、角台が必ず箱を積んでいるという状況が目立ちました。

"お店がアピールしたい日は目立つところに力を入れる"といったオーソドックスな配分を感じられましたね。



まぁ彼らは普通に負けましたが。




■スイカ男



■ティナ




(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)2012 BONES/Project EUREKA AO・MBS
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(C)Sammy

やすだ大和店の過去の取材レポート

要チェックレポート

ガチノリの最近の記事