番長3打ちます! ガチノリinやすだ大和店(第503回)

みなさんこんにちは。
一撃編集部のティナです。

10月9日(月)やすだ大和店でガチノリしてきましたので、その時の様子をご覧ください。


実戦するのは、ぼくとしゅうくん。



二人とも間の抜けた顔をしていますが、やる気がないとかそういうわけじゃないんです。

ただ眠いだけ。
二人とも夜型なもんで。

あと1時間もすれば、頭が冴えてジャグラーの7も目で追えるようになってくると思うので、もうしばらくお待ちください。

体育の日

「今日は体育の日ですよ」

と常連さんにボソッと囁かれ

「これしかない」

と二人が座った機種は、大都技研の「押忍!番長3」


バスケやら、バドミントンやら、体育要素満載の機種ですからね。

今日は勝ったも同然です。


▲まだ眠そう

このお店は、番長3のシマ内に初期パネル/操パネル/対決パネルの3種類がバラけて設置されているのですが、ぼくは初期パネル、しゅうくんは操パネルに着席。


突然ですが、みなさんはどのパネルが好きですか?

僕は初期パネル派です。

対決パネルの鹿ランプも捨てがたいんですけど、なんだかんだで初期パネルがしっくりくるんですよね。


操パネルを選んだしゅうくんは、早くも設定差の大きい通常時の番長ボーナスを確認。



設定4 or 6に大きく期待のできる瞬間なのですが、この時点でベルカウンターのモード移行はガッツリ奇数寄りだそうで...。

この後は、初当りを重ねたものの、通常時の番長ボーナス以外の設定差のある要素は残念な結果に終わった様子。


通常時の番長ボーナスも、設定1でも1/7499できますからねぇ。

これは騙されたパターンですね。

対するぼくは、朝イチリセット天井

ぼくの台もベルカウンターが完璧に奇数設定のソレ...。

「うん、これ1だよ1。」

なんて思いながら打っていると、こちらも通常時の番長ボーナス...



からのBB天国ループからの絶頂対決

設定5はベルカウンターの動きだけ見ると、設定1と見分けられないようなレベルの差ですからね。

これは激荒の設定5をツモったかもしれませんね。

今日は万枚っす。

その後の二人

番長3をやめたしゅうくんは、パチスロ北斗の拳 新伝説創造に移動。



あ、特に何もなかったです。

このあと、番長3⇒YASUDA7と渡り歩いていましたが、全くいいとこ無しで実戦終了。




僕は、なんとか2000枚ちょっと出したのですが、最初の波を掴むまでに投資が嵩んでしまい、ちょい勝ちで終了。


まあ、番長3で万枚なんて(よっぽど噛み合わないと)無理ですよ。

結果報告

■ティナ

機種 投資
回収
押忍!番長3 2100枚
2415枚

■しゅう

機種 投資
回収
押忍!番長3 900枚
502枚
パチスロ北斗の拳 新伝説創造 500枚
0枚
押忍!番長3(2台目) 1050枚
0枚
YASUDA7 550枚
0枚

■最終結果

項目 収支
ティナ +315枚
しゅう -2498枚
今回計 -2183枚
 4thシーズン計 -18133枚
 ガチノリ累計 +131941枚

当日のお店の様子

この日はやはり体育の日だからでしょうか。

「押忍!番長3」と「押忍!サラリーマン番長」が結構出てました。





サラ番がこれだけ盛り上がっていたのを久しぶりに見たのでホントに強かったんだと思います。


番長のシマの奥にあった沖ドキ!も1/2くらいで別積み状態。



やすだ大和店さんは、ガチノリで突撃する日は毎回全リセ傾向だったのも加味すると、なんだかんだこのお店の強い機種なのかも。

その他には、アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-やバジリスク~甲賀忍法帖~絆もかなり強め...。






というかこの日めちゃくちゃ出てました...。

3連休の最後の日はお店の回収日ってイメージがありましたが、これだけ出てるのを見ると、やっぱりいいお店なんだなあって思いました。




■実戦
■ティナ


■しゅう




(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,
(C)NSP 2007版権許諾証YBJ-918
(C)Sammy

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート