ティナの歴史にまた1ページ! ガチノリinやすだ大山北口5号店(第494回)

早いもので、2017年も8月に突入ですね!

今年も世界陸上、夏の甲子園など、個人的に楽しみにしているイベントがたくさんあるアツい夏になりそうですが、皆さんは楽しみにしていることはありますか?

一撃の"ウマツ"でございます。

今回は、7月28日(金)に同月最後となる"ガチノリ"やすだ大山北口5号店にて突撃してきましたので、その模様をお届けしたいと思います。



この日の選手は、第1回ガチノリの時と同じわたくしウマツと"ティナ"くんのコンビ。

家を出た時はかなり涼しかったものの、結局は気温が急上昇して二人とも「あっついなあ~」な顔をしていますが、実戦の方も"あっつい"ものになるといいですね!

午前中の実戦は後半戦への序章に過ぎない

入場抽選を終えてすぐに開店の時間を迎え、ウマツは一目散にバラエティーコーナーへ。



特にヒネることもなく、いつも通り"GⅠ優駿倶楽部"からスタートしましたが、400近くハマって当り→すぐART終わり→400近くハマって当り→すぐART終わり→333G超えで大きな見せ場なく諦め。

その後、前日490Gヤメ、当日ノーATで300ハマりと、リセットでも据え置きでも700G回せば天井という"ミリオンゴッド-神々の凱旋-"を攻めましたが・・・



天井まで残り100Gというところで"SGG"を引き、何とか履歴内複数ダイヤで上乗せしたと思われる謎連があったもののATは2連で終了。

そのメダルを持って"ハナビ"に移動して飲まれヤメという、ダメダメな序盤戦となりました。


一方のティナくんは、お客さんの動きを見たところ朝イチの一番人気だった"バジリスク~甲賀忍法帖~絆"に座りましたが、納得のいく挙動ではなかったようで、いつの間にか台移動していました。

移った先は、増台したばかりの"押忍!番長3"



移動したころはまだいくつか空台もある状態だったのですが、どうやら挙動が良さげということで、しばらく粘ってみることにしたようですよ!

ウマツも"番長3"のシマに突撃しました・・・が

ハナビを飲まれヤメしてからはしばらくの間、わたくしはティナくんの実戦を見つつ店内の様子をうかがっていました。

すると、番長3のシマで一番出ていたと思われる台(6千枚弱のお持ち帰り)が空き、ティナくんが通常からの番長ボーナスや設定1否定のART終了画面が出ているのを見たようなので、ウマツも番長3を打つことに。



個人的に番長3を大の苦手としていますが、そんなウマツでもすぐに通常からの番長ボーナスを引くことができましたから、もしかして・・・と思ったのも一瞬。

全部で10回当りを引いて、そのうち3回は引き戻しによるものだったので、たぶん設定は良かったと思うのですが、とにかくARTを伸ばすことができず・・・



どうです!この絵に書いたような横ばいのスランプグラフ。

もう少し追ってみることも考えましたが、相方のティナくんの調子がかなり良いようだったので、わたくしはヤメてティナくんの応援に回ることにしました。

ティナの歴史にまた1ページ!



番長3を打ち続けるティナくんですが、"絶頂対決"を引いたり、コンスタントに上乗せもして出玉は右肩上がりとなっている様子。



気付けば番長3のシマも人でいっぱいになり、かなり状況が良かったのか出玉のカーペット状態になってきましたが、ティナくんも出し続けます。

すっかり夜も更け、閉店時間が近づくごとに一人、また一人と帰っていきましたが、最後までARTを途切れさせることなく頑張ったティナくん。

そして、閉店10分前・・・



"9999枚"に到達し、「ティナの歴史にまた1ページ」となりましたよ!

結果報告

■ティナ

機種 投資
回収
バジリスク
~甲賀忍法帖~絆
950枚
0枚
押忍!番長3 550枚
10536枚

■ウマツ

機種 投資
回収
GⅠ優駿倶楽部 1300枚
0枚
ミリオンゴッド
-神々の凱旋-
1350枚
約500枚
※持ち移動
ハナビ 持ちメダル
0枚
押忍!番長3 800枚
0枚

■最終結果

項目 収支
ティナ +9036枚
ウマツ -3450枚
今回計 +5586枚
 4thシーズン計 -3976枚
 ガチノリ累計 +146098枚

ティナくんの歴史的勝利で、7月最後のガチノリは大幅プラスで終了となりました!

この日の店内状況ですが、序盤こそ客付きでバジリスク絆に劣っていたものの、終わってみればやはり番長3の状況が相当に良かったと言っていいでしょう。

通常からの番長ボーナス、青7ボーナス、設定1否定のART終了画面は数えきれないほど見ましたし、引率で来ていたしゅうくんは隣の台から"一番上濃厚!?"の終了画面も見たとのこと。

数日後にはサラ番の再導入も控えている状況でしたし、これからも看板機種として活躍する台でしょうから、かなり力が入っていたのかもしれませんね!



そして、朝の一番人気だったバジリスク絆も、出ている台がたくさんありましたから、朝からお客さんが集中するのも納得でした!


■実戦・レポート
■ウマツ


■実戦
■ティナ



(C)KPE

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート