しゅうくん、生きてるかあああぁぁぁ!ガチノリinやすだ幕張店(第486回)

2017年も早いもので半分が経過して7月に突入、梅雨時にしては雨が少なく暑い日々が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか?

わたくし"ウマツ"はいつものペースで、自宅、競馬場、パチンコ屋さんなど、避暑地を転々とする平和な日々を送っています。

さて今回は、上半期最後の開催となった6月27日(火)やすだ幕張店で行われた"ガチノリ"に参加してきましたので、レポートしたいと思います。



この日のパートナーは、一撃サイトのパチンコ解析の編集等で忙しく、明け方までパソコンに向かっていたという"しゅう"くん。

朝からかなりヘロヘロな様子でしたが、整理券をもらってから隣のデニーズに行ってコーヒーを飲んだらシャキッとしたようですから、張り切って行ってみましょう!

朝イチは定番の"絆"!そして"新台"攻め!

ということで、デニーズでくつろいでいたらアッという間に開店の時間を迎えましたが、朝の作戦は、わたくしウマツは取れれば"新台"

そして、しゅうくんは「先に入場する常連さんの動きを見つつ決める」というパチスロが上手い人の典型と言える作戦で挑むことにしたようですが・・・



入場してみると、新台の"パチスロ リング 終焉ノ刻"がラスト1台残っていたので、迷わず確保しました。

思い返すと、過去にやすだ幕張店を訪れたとき、新台のシマはそれなりに強かった印象がありますから、これは期待できるのではないでしょうか!

そういえば、いまだにマイブームの"GⅠ優駿倶楽部"を初めて打ったのも、このお店だったなあ。



一方、お店の特徴をよく知っていると思われる常連さんたちの動きを見定めていたしゅうくんは、"バジリスク~甲賀忍法帖~絆"に着席した様子。

こちらも、いつ来ても午前中からほぼ満席になる機種ですから、どんな挙動を示してくれるのか楽しみですね!

目にも止まらぬ早さでしゅうくんが動きます!

先に動きがあったのは、わたくしウマツのほう。



100G手前あたりで突入したチャンスゾーンからゲットしたボーナスが順調にARTへと繋がり、低投資で持ちメダル遊技へと移行していきました。

そして、絆を打っていたしゅうくんはと言いますと、こちらも大きくハマることなくバジリスクタイムに突入したものの、それがすんなり抜けると、ほどなくして

「早いけどヤメます」

という一通のラインが。

理由はよくわかりませんが、絆のことを熟知しているしゅうくん、そして普段は納得いくまで強気に投資を続けるしゅうくんがヤメることに決めたわけですから、何か思うところがあったんでしょうね。

まだまだ時間はありますから、2台目に何を選ぶのか、注目してみるとしましょう。

平和なウマツと、波乱続きのしゅうくん。

しばらく店内を徘徊していたしゅうくんでしたが、2台目の実戦機種として"押忍!サラリーマン番長"を選んだ模様。



打ち始めて30分ほど経ったころ、これまたラインで

「一枚役仁王」

と、報告が来ました。

この一文を推測すると、恐らく押忍ベルを引かずに"仁王門"に突入したということで間違いないと思うので、これは高設定の期待ができるんじゃないでしょうかね!

「ヌルーです」(原文ママ)

と、わずか1分後に追撃ラインが来たので波に乗るのはもう少し先になりそうですが、設定さえ良ければ巻き返しは必至・・・なのかな?



そのころ、わたくしウマツはと言いますと、チャンスゾーンの成功率約35%、ボーナスからのART突入率約40%と言われている新生リングながら、ほぼすべてのチャンスゾーン、ボーナスをモノにし、ジリジリと出玉を増やしていきましたよ!

結果報告

■しゅう

機種 投資
回収
バジリスク
~甲賀忍法帖~絆
400枚
0枚
押忍!
サラリーマン番長
2700枚
0枚
マイジャグラーⅢ 150枚
0枚
ハナビ 250枚
0枚

■ウマツ

機種 投資
回収
パチスロ リング
終焉ノ刻
200枚
345枚
バーサス 450枚
0枚

■最終結果

項目 収支
しゅう -3500枚
ウマツ -305枚
今回計 -3805枚
 4thシーズン計 -6494枚
 ガチノリ累計 +143580枚



実戦後半戦に入るころまでは順調だったわたくしウマツでしたが、一発"948G"ハマりを喫してしまいました。



結局、高設定を予感させる挙動があったサラ番にケチョンケチョンにやられたしゅうくんとともにノーマルタイプをちょっと攻めてみましたが、ともに波に乗ることはできず、そのまま実戦終了となりました。


そんなこんなで二人とも頑張ったものの結果が伴わなかった今回のガチノリでしたが、やすだ幕張店には7月も二度の突撃が予定されていますから、次回の勝利に向けて店内チェックを。



しゅうくんが途中から参戦した"サラ番"のシマ、しゅうくんの周囲は出ていました(しゅうくん無念なり)。



そして、出玉のインパクトは"アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-"も負けてはいません。

わたしが長時間滞在した"リング"や、しゅうくんが朝イチに選択した"絆"も良さそうな台がたくさんありましたから、狙いとしては悪くはなかったのではないかと。



他にも、"パチスロ獣王 王者の覚醒""タイムクロス2"といった、「伏兵機種」にも高設定っぽい台があったようです。

これは、もしかすると、我々の腕が腐っていたのでは・・・そんな自己嫌悪にも陥るような状況でしたね。


■実戦・レポート
■ウマツ


■実戦
■しゅう



(C)1998「リング」「らせん」製作委員会

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)KITA DENSHI

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT
(C)MIZUHO

(C)Sammy

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート