超番長、降臨!ガチノリinやすだ大和店(第481回)

みなさんこんにちは、春のGI戦線も先週の安田記念でひと段落したことで、落ち着きを取り戻しつつある一撃の"ウマツ"でございます。

今回は、6月7日(水)やすだ大和店で行われた"ガチノリ"の様子をお送りしたいと思います。

安田記念は終わりましたが、いっぱい出して、「やすだ」記念になるように頑張りたいところですね!



この日の相方になるのは、番長シリーズ大好き"漢"の"スイカ男"くん。

朝から「番長3打つぞー」と意気込んでいましたが、行くたびにお客さんが増えているやすだ大和店が舞台(この日は最終的に500人ぐらいが開店の時を待ちました)ですから、まずは抽選で何番を引けるかが重要になってきそうですね。

スイカくんは狙い台を確保!ウマツは・・・

ということで、朝イチの注目だった入場抽選ですが、結論だけ言いますとスイカくんは大人数がいた中で「12番」という奇跡の番号をゲットすることに成功。



一方のわたくしウマツは、だいぶ出遅れて「246番」で入場したので、とりあえずスイカくんの様子を見に行くと、朝から打ちたいオーラ全開だった"押忍!番長3"で狙い台を見つけて確保していましたよ。

で、わたくしですが、空いている台はいくつかありましたが、打ち慣れていて投資スピードが緩やかな"GⅠ優駿倶楽部"を打ちつつスイカくんの様子を見守ることに。



実戦開始して早々に当りを引くことができましたから、しばらく頑張ってみるとしましょう。

スイカくんの台から"設定1否定"の終了画面が

開店から1時間、いや2時間ぐらいが過ぎたでしょうか。

スイカくんが打っていた番長3から"設定1否定"の終了画面が出たとの報告があったので見に行ってみると・・・



ほんとだ。

1じゃないからなんだ?という考えもありますが、ちょっとテンション上がりますし、もしかするともっと上の設定の可能性も・・・なんて期待もしちゃいますよね!

ひとまず千枚近い出玉も確保することができたようですから、今後の展開に注目ですな。



そして、わたくしウマツも、序盤は単発地獄に陥っていたものの、300Gの直乗せを契機に千枚ほどの出玉を得ることに成功しましたよ。

スイカくんが「超番長ボーナス」を引いたよ

前半戦は投資も回収枚数もほぼ同じぐらいだった選手二人でしたが、後半戦に突入したころ、スイカくんから唐突に

「フリーズを引きました」

と報告があったので再び見に行くと・・・



ほんとだ。

わたくしも番長シリーズはそれなりに打っていますが、「超番長ボーナス」は一度も引いたことがありません。

それをこれまで何度も引いているスイカくん、やっぱり「好きこそ物の上手なれ」という言葉は本当だったんですね!

その理論が本当なら、競馬大好きなウマツが打つGⅠ優駿倶楽部も、きっと凄いことに・・・ならなかったよね。

とにかくARTが長続きせず、どんどん出玉が減っていったよね。

後半は再び単発地獄に逆戻りし、シナリオに恵まれなかったと思いきや勝率80%以上のセットでも負ける体たらくっぷり。

おまけに、飲まれてヤメようと思ったところでトウカイテイオーが出てきて追加投資を余儀なくされ、一応ARTはゲットしたものの再び単発で万事休す。

ARTの初当りを15回引いて、消化したセット数は合計で24セット(平均1.6セット)でしたから、己が悪いとしか言い様がありませんな。

結果報告

■スイカ男

機種 投資
回収
押忍!番長3 600枚
2153枚
バーサス 100枚
562枚

■ウマツ

機種 投資
回収
GⅠ優駿倶楽部 700枚
0枚

■最終結果
※他店で行われた、同日ガチノリ結果分も含む

項目 収支
スイカ男 +2015枚
ウマツ -700枚
今回計 +1315枚
 4thシーズン計 -120枚
 ガチノリ累計 +149954枚



超番長を契機に出玉を伸ばしたスイカくんでしたが、なんとその後「絶頂対決」も引いたようで、最終的には危なげなくプラス収支で実戦終了。

と思いきや、これまたお気に入りの"バーサス"でプラスを上乗せして、今度こそ本当に実戦終了となりました。

結局、わたくしはマイナス収支に落ちたまま再浮上することなく終了してしまいましたが、投資はそこまで大きなものではなかったので、二人トータルでもプラスで終えることができましたよ!

お店の様子

最後になりますが、いつものように店内の状況をチェック。



スイカくんが長時間滞在した"押忍!番長3"のシマが、出玉面でかなり目立っていました。



さらには、いつも良いイメージがある"沖ドキ!"もかなり出ている台が多数ありましたね。

もちろん、"アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-""ミリオンゴッド-神々の凱旋-"の神兄弟、人気は衰えるところを知らない"バジリスク~甲賀忍法帖~絆"あたりにも良さそうな台が見受けられましたね。

パチンコのコーナーも元気いっぱいでした。



いつの間にか2機種合わせて設置台数が200台を超えていた"ぱちんこCR北斗の拳7転生""ぱちんこCR真・北斗無双"を筆頭に、出玉のカーペット状態になっていましたね!

朝の並びが行くたびに増えていることを思えばある程度想像がつきましたが、パチンコ・スロットコーナーともにかなり状況が良さそうでしたから、今から次回の突撃が楽しみです!!


■実戦・レポート
■ウマツ


■実戦
■スイカ男



(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)KPE

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート