「S 北斗揃いを見た」! ガチノリinやすだ所沢店(第396回)

この記事を書いている今は、10月最後の日曜日の夜ということで、ついさっきまで東京競馬場に天皇賞・秋を見に行っておりました。

やすだ所沢店に行く時は、いつも最寄りの武蔵野線・東所沢駅に集合するのですが、ちょっと気を抜くと東京競馬場の最寄り駅である終点の府中本町まで行ってしまいそうになる"ウマツ"でございます。

ということで今回は、10月27日(木)やすだ所沢店で行われた"ガチノリ"の模様をお送りしていきたいと思います。

"スイカ男"改めカボチャ男と共に突撃

この日は一撃のラーメン屋こと"スイカ男"くんと共にガチノることになっていた訳ですが、レポーターとして帯同していた一撃の編集長と

「僕はカボチャ男ですから」

「ちゃんと、カボチャ色の服も持って来てますから」

などといった会話をしており、これまでの会話の流れを知らないウマツは、ただただ見守ることしかできませんでした。

2016年10月27日やすだ所沢店ガチノリはスイカ男とウマツが突撃します!

恐らく、ハロウィン関連の話なのかなあと想像はしていましたが、まったく訳がわからないので、最後までカボチャ男に関する話題には入りませんでしたよ。


ということで早くも開店の時間を迎えたわけですが、事前の話し合いでカボチャくんには、いつも強そうな台があるお得意の"押忍!サラリーマン番長"に行ってもらうことに。

2016年10月27日やすだ所沢店ガチノリでサラリーマン番長に座ったスイカ男

一撃イチの「大都技研大好き男」ですから、とりあえずお任せしておきましょう。

2016年10月27日やすだ所沢店ガチノリで北斗修羅に座ったウマツ

そして、わたくしウマツは、やすだ所沢店にある機種の中で断トツとなる最大設置台数30台の"パチスロ北斗の拳 修羅の国篇"からのスタートを選択します。

さっそく打ち進めていったわけですが、いきなり最初のレア役となる弱スイカでARTに当選するなど、とにかく序盤から当りは軽いけど単発が続く展開に。

通常時わずか1000Gで初当りを7回も引くという夢のような展開になった訳ですが、逆に悪夢のような単発地獄が続き、お昼御飯のころになっても出玉はあまりないという流れとなりました。

そんな台を打ち続けていると、カボチャくんがドスッと現れ、

「右のシマの番長、全部据え置きでした」

「反対のシマの方が強そうです」

と残念な報告をしにきましたが、めげることなく次に打つ台を決めたようです。

2016年10月27日やすだ所沢店ガチノリでまどマギ2に移動したスイカ男

前日に、どっかのお店で上二つ濃厚のボーナス終了画面を出して良いイメージがあるという"SLOT魔法少女まどか☆マギカ2"のカド台。

やすだ所沢店に行くと、高設定なのかヒキなのかは定かではないものの、なんとなくいつも大量に出玉が積まれているポジションの台でしたし、稼働もどんどん上がってくる時間帯でしたので、「ガンバッテ」と一言だけ言ってこちらもお任せすることに。

2016年10月27日やすだ所沢店ガチノリにてスイカ男がまどマギ2でボーナスを引く

すると、こちらはかなり挙動が良かったようで、高設定を確信する演出こそ出ないものの、ボーナス終了後の声とか、台の挙動とか、かなりの手応えを掴むことができているようでしたよ。

とりあえず、しばらく打ち続けられそうな台を共に掴むことができましたから、お昼御飯を食べて気分を入れ替え、あとはメダルをいっぱい出すだけですね。

2016年10月27日やすだ所沢店ガチノリでカレーを二人前食べるスイカ男

カボチャくんのお昼ですが、普通にカレーを食べてるようでこれは2杯目なんですよ、ほら、お皿が2枚重なってるでしょ?

見てるだけでお腹いっぱい。

「カレーは飲み物です」

という格言がありますが、どう考えても食べ物です。

やすだ所沢店の過去の取材レポート

要チェックレポート

ガチノリの最近の記事