2人で番長2+超番長ボーナス ガチノリinやすだ幕張店(第352回)

どーも、すがしょーです。

今年も残すところ100日ちょいとなりました。

2016年は悔いなく過ごそうと決めていたのですが、残念。

正直言いまして悔いしかございません。

○○でいよいよ万枚出なかっただとか、○○でフリーズを引けなかったのような他人にとってはどうでもいい事なのですがね...。

しかし今回9月7日のガチノリでは後悔の念が少し減少する...そんな、素敵な展開だったので皆様どうぞ最後までご覧下さい。


突撃したのは「やすだ幕張店」さん。

僕個人では初となるホールさんだったので、気合いMAXです。

実戦人はスイカ男さん&すがしょーコンビ。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリの実戦人、すがしょーとスイカ男

とりあえず室内温度が+3℃って感じの組み合わせです。

どんな、アツイ展開をみせてくれるのでしょうか。

それでは、当日の様子をご覧下さい!

前半戦

まず、スイカ男さんの朝一から。

大都技研さんの機種に関してマジで詳しいスイカさん。

選んだ機種は、「押忍!番長2」(以下、番長2)です。

理由としては、「かつて訪れた際に状況が良かったから」だそうです。

その言葉の通り、朝一からかっ飛ばすスイカさん。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにてスイカ男と番長2のボーナス中

そんなにはしゃいでいるとお腹空いちゃうぞと思ったのはここだけの話。

その後も絶好調の様子で、とても安心です。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにて頂RUSH確定の瞬間とスイカ男

後半もその勢いをキープしてもらいたいです。


続いてすがしょーの朝一をみてみましょう。

スイカさんの座った番長2のシマが全リセの可能性が高いという事で、当初他の台を確保していたのですが、急いで変更。

という事で、スイカさんと同じく番長2で頑張るようです。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにてすがしょーと番長2

っていきなり通常時から頂ラッシュ直撃しているじゃないですか!

そして立て続けに...?

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにてすがしょーが通常時から頂RUSH直撃

2回目の直撃!!

これは期待できそうな...いや、期待しまくりな展開です。


両者状況が良さそうなので早速後半戦をみてみましょう。

後半戦

スイカさんの後半戦から。

後半戦も調子良くやっていたのですが、ついに超凄いヤツ引いちゃいました。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにて超番長ボーナスを引きます、スイカ男

興奮必至の「超番長ボーナス」!!

いやー本当に大事なのはパチスロ愛なんだと感じる瞬間でした。

その後は出玉をキープしつつのフィニッシュです。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにて出玉を見せるスイカ男

ナイスファイトです。


最後にすがしょーの後半戦。

前半で、状況の良さは感じていたのですが、いまいちBIGのヒキが悪くめちゃくちゃいじけておりました。

しかーし!!

そんな状況を打破する事件が起きました。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにてすがしょーも超番長ボーナスを引きました。

スイカさんに続いてすがしょーまでもが「超番長ボーナス」を引きました。

その結果、出玉を大きく伸ばして終了。

それでは最終結果に参りましょう。

結果報告

■スイカ男

機種 投資
回収
押忍!番長2 20000円
1589枚

■すがしょー

機種 投資
回収
押忍!番長2 20000円
2738枚

■最終結果

項目 収支
スイカ男 +11,600円
すがしょー +34,600円
今回計 +46,200円
3rdシーズン計 +821,900円
ガチノリ累計 +2,451,200円


はい。

文句なしの快勝!

2人で同機種を粘りきるという珍しい結果でした。

すがしょーは相方がいたからこそ勝てたと言えますね。


とにかく今回の店内状況を皆様に見て頂きたいです。

まず、「押忍!サラリーマン番長」から。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリで番長コーナーの出玉感

番長2同様、状況が非常に良さそうです。

そして「ゴッドシリーズ」もみてみましょう。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにて凱旋の別積み、出ていたところ

圧倒的出玉感に震えてしまいました。

ここら辺も狙い目でしたね。

そして、「パチスロ北斗の拳 転生の章」も良い感じでした。



次回も突撃したいと思えるような状況でしたので、皆様も行ってみてはいかがでしょうか。

以上、すがしょーでした。

2016年9月7日やすだ幕張店ガチノリにて、北斗転生の出ていたところ。

大食的日常

貧困的日常


(C)DAITO GIKEN,INC.

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983
(C)NSP 2007 版権許諾証YGL-126
(C)Sammy

(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

この記事に関連するパチンコ・パチスロ機種

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート