【1/2実戦】新年一発目!

どうも!

すがしょーです。

今回1/2(土)は「スーパーD'ステーション平塚駅前店」さんでの実戦です!!

明けましておめでとうございます。

昨年は皆様にヒキ弱な一面をお見せし過ぎたので、今年はしっかりと魅せていきますよ!

今年もこんなすがしょーをよろしくお願いいたします。

さて、それでは早速実戦の様子をご覧下さい。

抽選で...

この日の入場番号は46番くらいでした。

なので狙っていた機種は朝から打てませんでした...。

なので、新年早々運試し!!

と言う事で、「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」を打つことに。

あっ、ヤケクソに選んだ訳ではないですよ?

ちゃんと前日773Gヤメの台を選びました。

果たして、この選択が吉と出るのか凶と出るのか...。

って感じで書いておいてアレなんですけど、さらっとリプ4連して...。



ここからG-STOPを引き、5揃い。

121G、投資6kでHITです。

そして、安定の単発。

そして485Gまで回して総投資20kでヤメ。

何とか軽傷で済んだので次に戦えそうな台を探す事に。

一気にピンチ

続いて選んだのが「ニューパルサーSP」です。

すがしょーの大好きな台の1つです。

2台導入されているのですが、2台とも履歴をみると中間かそれ以上ありそうな日が多かったので打つことに。

しかし、あくまでも長居するつもりはありません。

その間にもいい台を探して見つけたら移動って感じで攻めます。


結論から言いますと、10K投資でREG1回で終了でした。

早くも、総投資30kとなり、このペースでいくと大敗も視野に入れなければな...ってところでチャンスはやってきました。

狙い台であった「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」を確保成功!

これで...これで決着を付けてやろう。

苦手克服なるか

やる気のあるホールさんに行くと避けては通れないのがバジ絆。

今まで何度も逃げてきましたが、最近では積極的に打つようにしています。

ええ、勝ちたいですからね。

しかし、本当に相性が悪いんです。

456確定演出が出て、多分4かなって台でもばんばん負けてます。

なので、今回で克服できればいいと願い頑張ります。


最初BC1発目でBTに入り単発...その後も、BTは早く来るのですが中々伸ばせない始末...。

そして気付いたら12k投資。

そこで流れは変わりました。

BT突入画面であのお方が走ってきたんですよ。

そう、天膳様です。(写真は華麗に撮り逃しました)

バジ絆では初めて見たので、8秒くらいすがしょーフリーズが発生してしまいました。


これを活かせないでどうするんだ!?

そう自分を奮い立たせ集中して打ちました。


おっと、80%の証拠を見せなければいけませんね。



2対2です。

これが出た瞬間に継続確定+AT継続率80%が確定します。

当然初めて見たので興奮度MAXです。

皆さんも頭の片隅にこの情報を入れておくと、この画面が出た瞬間に涙が出ると思います、多分。


結果的に継続率に助けられ、ここまで伸びました。



うん、十分ですよ。

そして、その後少し粘り2044枚流してヤメ。

間一髪で捲くりました。

これで実戦終了です。

まとめ

いやー、一時はどうなるかと焦りましたが何とか形になりましたね。

これで収支はどうなったのでしょうか!?

収支発表~???・*:..。?


■収支表

項目 収支等
投資金額 42000円
換金額 43000円
収支 1000円
勝ち


凄いね...。

+1000円だって勝ちは勝ちですからね。

う、嬉しいですよ。

新年初パチスロだったのでプラスで終えただけで満足です。



さて、今回のホール状況を振り返ってみます。

まず、ハナビコーナーから。

ずっと稼働が良くて人気だなーってみていたら、BIG中ハズレ出しているのを偶然目撃。

まあ、それだけじゃ高設定確定な訳ではないので何ともいえないんですよねー...って言いたいところですが、ずっと合算1/110前後くらいだったので恐らくあるんじゃないかなと予想。

3/8くらいでこれはあるだろってグラフでした。

続いては、バジ絆コーナー

うん、文句なしの状況!



マジでオススメです。

こんなに気合い入れちゃって大丈夫なの?ってこっちが心配しちゃいます。

それと、パチンコは牙狼&海コーナーが相変わらず大盛況でした。

確実に座りたいなら朝から打つ事をオススメします。


結果、次回実戦も楽しみ、そう思える状況でした。

皆さんも是非足を運んでみて下さい。

今回も、声を掛けて下さった方々や差し入れを下さった方々ありがとうございました

めっちゃ嬉しいです、マジで。


それでは次回実戦をお楽しみに!

以上、すがしょーでした!



(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

(C)YAMASA

(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO

この記事に関連する記事

最近の実戦企画・ホール取材レポート