機種概要・スペック:ハイスクールD×D

更新履歴

筐体・リール配列・配当

パチスロ、有効ライン、役配当表、スペック、リール配列
Boosted Gear


Service Time


9枚/7枚/6枚


3枚


リプレイ


※上記は見た目上の配当の一部です。

(C)2013 石踏一榮・みやま零/株式会社KADOKAWA 富士見書房刊/ハイスクールD×D NEW製作委員会
(C)KPE

ハイスクールD×Dのスペックと特徴

設定 初当り(ST+ART) PAY
1 1/324.8 96.9%
2 1/312.7 98.1%
3 1/298.2 99.9%
4 1/265.8 104.1%
5 1/246.1 107.1%
6 1/223.4 112.7%

導入予定日:2015年11月 2日

KPE(ケーピーイー)から『ハイスクールD×D』が登場。

本機は3期に渡り放送された大人気アニメ「ハイスクールD×D」とのタイアップマシン。

スペックは純増約2.0枚/GのARTをメインに出玉を増やす仕様のART機。

通常時は、規定ゲーム数到達で突入するチャンスゾーンをメイン契機に、擬似ボーナス「サービスタイム」を目指していくゲーム性で、サービスタイム中の演出成功でART突入確定となる。

ARTは2種類存在し、初当り時に突入するのは「ディアボロスドライブ(DB)」と呼ばれる1セット40Gのエピソード継続型のARTだ。

DB中はピース獲得するごとにセット継続期待度がアップし、5回継続すればエクストラバトルへ突入する。

エクストラバトルで勝利すると、ゲーム数上乗せ型ARTの「エクステンドドライブ(ED)」へ突入し、上乗せ特化ゾーンで初期ゲーム数を決定する。

ED中は、レア役成立時に魔方陣の高確率状態である「キングスガーデン」の突入抽選を行っており、魔方陣が揃うと再度上乗せ特化ゾーンへ突入する流れとなっている。

また、原作のアニメシーンを使用した多彩な演出を搭載しており、パチスロファンのみならず、アニメファンも納得の完成度と言えるだろう。

※数値等自社調査

ハイスクールD×D:メニュー

コンテンツ

発表会&試打レポート

ハイスクールD×D 基本・攻略メニュー

ハイスクールD×D 通常関連メニュー

ハイスクールD×D ボーナス関連メニュー

ハイスクールD×D ART関連メニュー

ハ行のパチスロ・スロット機種情報一覧