機種概要・スペック:デビルサバイバー2 最後の7日間

更新履歴

筐体・リール配列・配当

パチスロ、有効ライン、役配当表、スペック、リール配列、デビルサバイバー2 最後の7日間
SPECIAL REPLAY


縁 REPLAY


7枚or3枚


スイカ


チェリー


リプレイ



※上記は見た目上の配当の一部です。


(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.
(C)OLYMPIA

デビルサバイバー2 最後の7日間のスペックと特徴

設定 AT初当り PAY
1 1/497.8 97.1%
2 1/465.9 98.5%
3 1/437.7 100.4%
4 1/379.6 104.0%
5 1/319.6 108.5%
6 1/271.5 113.0%

導入予定日:2015年6月 8日

OLYMPIA(オリンピア)から『デビルサバイバー2 最後の7日間』が登場。

本機はアトラスより2011年に発売されたニンテンドーDS用大人気シミュレーションRPG「デビルサバイバー2」とのタイアップ機。

スペックは、純増約2.8枚/Gの差枚数管理型AT「最後の7日間」にて出玉を増やす仕様のAT機。

通常時は画面右下に表示されるサバイバルポイントを貯めて、200ポイントごとに突入のチャンスが訪れるCZ「サバイバルチャンス」や、500ポイントごとにチャンスが訪れる「ロナウドゾーン」を経由してAT当選を目指していく。

AT中は、毎ゲーム全役で悪魔召喚抽選を行っており、この上乗せ悪魔召喚システムこそが本機最大の特徴。

悪魔はそれぞれ異なる上乗せ条件や滞在G数を持っており、中には上乗せ性能を上昇させる特殊悪魔なども存在し、その種類はなんと77種類!(召喚確率平均1/6.4)

"常に上乗せ特化ゾーンに滞在する様な感覚"は、まさに新感覚ATと言えるであろう。

また、悪魔が増えるたびにレア役確率が上昇するのも特徴で、4体召喚で発動するレア役超高確状態レアBURSTも存在する。

さらに「デビルオークション」「じゃあくフロストバトル」といった、複数の高ランク悪魔召喚ゾーンも搭載!

原作の世界観を忠実に再現した多彩な演出や、それを彩るための液晶全面に広がるデビルスパーク・可動式サブ液晶のデビルビジョンなど、迫力満点の役モノも豊富。

パチスロファンも原作ファンも納得の完成度となっているぞ。

※数値等自社調査

デビルサバイバー2 最後の7日間:メニュー

コンテンツ

発表会&試打レポート

デビルサバイバー2 最後の7日間 基本・攻略メニュー

デビルサバイバー2 最後の7日間 通常関連メニュー

デビルサバイバー2 最後の7日間 AT関連メニュー

関連記事

タ行のパチスロ・スロット機種情報一覧